福岡交通事故弁護団

ホーム > 福岡交通事故弁護団

こんな弁護団です

こんな弁護団です
「福岡交通事故弁護団」は、
真の交通事故のプロを目指す被害者のための弁護団です。
各弁護士の知恵と経験を結集して正当な補償の実現を図ります。
  1. 弁護士として十分な実務経験(10年目以上)を持っています。
  2. 交通事故事件について豊富な経験と知識を持っています。
  3. 定例の弁護団会議で、担当事件について全員で検討するとともに、毎回弁護団研修を行い交通事故事件についてのスキル向上に努めています。
  4. 交通事故賠償のあり方に問題意識を持ち、これを変えていこうという情熱を共有しています。

メンバー紹介

弁護士 小野裕樹(おの ゆうき)
弁護士 小野裕樹(おの ゆうき)
弁護士 北古賀康博(きたこが やすひろ)
弁護士 北古賀康博(きたこが やすひろ)
昭和37年7月
佐賀県伊万里市生まれ
昭和60年3月
中央大学法律学部法律学科卒業
平成4年4月
弁護士登録
事務所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-14-35 赤坂門AIビル4階A号室
北古賀法律事務所
公職など
平成15年4月~16年3月
九州弁護士会連合会事務局長
平成16年4月~17年3月
同広報委員会委員長
平成18年4月~20年3月
同消費者問題連絡協議会委員長
平成20年4月~22年3月
福岡県弁護士会消費者委員会委員長
平成22年4月~23年3月
同副会長、九州弁護士会連合会理事
平成23年4月~現在
福岡県弁護士会交通事故委員会委員
平成24年4月~現在
同法律相談センター運営委員会委員長
  • 福岡県建設工事紛争審査会委員
  • 福岡市公共事業再評価等監視委員会委員
弁護士 島晃一(しま こういち)
弁護士 島晃一(しま こういち)
昭和41年7月
福岡県大牟田市生まれ
平成3年3月
九州大学法学部卒業
平成10年4月
弁護士登録
事務所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-7-23 赤坂弁護士ビル402
加藤・島法律事務所
公職など
平成16年4月~20年3月
(公財)日弁連交通事故相談センター福岡県支部
支部委員
平成20年4月~22年3月
同事務局長
平成19年4月~22年3月
福岡県弁護士会交通事故委員会事務局長
平成22年4月~現在
同副委員長
  • 福岡労働局 労働問題あっせん委員
  • 福岡市紛争調整委員会委員(高層建築物)
弁護士 安田聡剛(やすだ あきよし)
弁護士 安田聡剛(やすだ あきよし)
昭和50年7月
島根県益田市生まれ
平成12年3月
東京大学法学部卒業
平成14年10月
弁護士登録
事務所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-13-10 赤坂有楽ビル4階
安田法律事務所
公職など
平成15年1月~現在
福岡県弁護士会交通事故委員会委員
平成23年4月~現在
同副委員長
平成23年4月~現在
九州弁護士会連合会民事介入暴力対策委員会事務局長
弁護士 楠田宏(くすだ ひろし)
弁護士 楠田宏(くすだ ひろし)
昭和43年2月
福岡県飯塚市生まれ
平成3年3月
明治大学法学部卒業
平成15年10月
弁護士登録
事務所
〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通3-6-15 NOF天神南ビル8階
楠田法律事務所
公職など
平成19年4月~現在
福岡県弁護士会交通事故委員会委員
平成22年4月~24年3月
同事務局長
平成22年4月~24年3月
(公財)日弁連交通事故相談センター福岡県支部
事務局長
平成24年4月~現在
同支部委員
弁護士 田中亮一(たなか りょういち)
弁護士 田中亮一(たなか りょういち)
昭和49年9月
静岡県熱海市生まれ
平成9年3月
九州大学法学部卒業
平成15年10月
弁護士登録
事務所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-16-13 上ノ橋ビル4階
平和台法律事務所
公職など
平成19年4月~22年3月
福岡県弁護士会主任
平成22年4月~現在
福岡県弁護士会交通事故委員会委員
平成23年4月~24年3月
九州弁護士会連合会事務局次長
ページトップへ

弁護士費用

受任したときは所定の弁護士費用をいただきます。「費用について」をご覧ください。

弁護団研修

福岡交通事故弁護団では、よりレベルの高い弁護活動のために、弁護団会議にあわせて弁護団研修を行っています。

私はこんな弁護士です。弁護士 小野 裕樹
  • プロフィール
  • 近況はこちら
  • 講演実績
高次脳機能障害
高次脳機能障害
高次脳機能障害

脳の外傷が原因で起こる高次脳機能障害について私が力を入れるようになったきっかけや、どのような症状が現れるのか、障害認定における問題点、裁判の争点などを解説いたします。

取扱い事例
取扱い事例

私が実際に扱った、高次脳機能障害の事例を紹介いたします。事例ごとに被害の状況や事故の状態は異なり解決方法も違いますが、どのような事案があるのか、参考にご覧ください。

福岡交通事故弁護団

福岡交通事故相談室は私(弁護士小野裕樹)が代表を務める福岡交通事故弁護団と連携してます。福岡交通事故弁護団は、交通事故事件を専門に取扱っている、実務経験も豊富な交通事故相談の弁護士のチームです。情熱をもって、事故・事件に対応しております。私たちがどのような理念を持ち、交通事故事件と向き合っているのか、またどのような弁護士で構成されているのかをご紹介いたします。メンバー一人ひとりの詳細なプロフィールも掲載しておりますので、ご相談の前にぜひご覧ください。

詳しくはこちら
事故の慰謝料について
事故の慰謝料について

入通院、死亡・後遺症、精神的苦痛に対しては慰謝料の請求ができます。
交通事故の慰謝料について、どのような場合にどのくらいの金額が認められるかを「傷害慰謝料(入通院慰謝料)」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」のそれぞれに関して、慰謝料が通常より増額される場合などについて、わかりやすく丁寧にご説明いたします。

費用について
費用について

弁護士費用は、保険会社の示談提示がある場合や訴訟になった場合などで異なってきます。福岡交通事故相談室における弁護士費用に関して、ケースごとに詳細に掲載しております。
※弁護士費用特約がある場合、弁護士費用の負担が無くなるか軽減されます。

交通事故の重要裁判例